京都・宇治田原の有機味噌・有機ジャム・有機こんにゃく・有機餅 喜右衛門

京都 宇治田原 ひっそりと静かな時間が流れる里山で農薬や化学肥料とは無縁の有機栽培したお米、大豆、野菜や果実を丁寧に収穫してお味噌やお餅、ジャム、を作りました。全ての材料をオーガニックの品にこだわった喜右衛門の味をお届けします
食と健康 わたしのこだわり
定年退職後野菜作りをしようと思って始めましたが、肥料のやり方、作り方など分からないままに野菜作りをしていました。
そうしたおりに有機栽培の講習会を受ける機会があり、良い先生と有機仲間にめぐり合いました。
5年間ほど講習会、研修会で教えていただき、勉強し、こうした中で‘食と健康’の重要性に気づかされ有機栽培をやろうと決意しました。

無農薬、有機栽培(有機肥料、ミネラル供給)農法を行うことによって植物の成長を阻害する有害菌が死滅し、有用菌(酵母菌、乳酸菌、光合成菌、放線菌等)の増殖、有益虫の発生、土着菌との相乗効果による土壌改良、アルカリ中性土壌、土壌団粒化など有効微生物群の多い栄養豊かな土壌環境で農産物を作ることが出来ます。

またミネラルの継続的な不足は精神不安定を引き起こしたり人を興奮させたりするもので、多発する少年犯罪などもおおいに食生活と関連していると言われています。
現代社会では化学的に合成された化学肥料、農薬を使用した農産物、食品添加物の含まれた加工品、化学的に処理された塩を口にすることによって健康に悪い影響を及ぼすと思われます。
さらに天然の物質は自然界に戻されたとき分解されますが、人工化学物質は化学的に安定で分解されずに環境に蓄積され土壌汚染や環境破壊も起こしています。

我々の健康を維持するためには健康な農作物を食べることが重要で、そうしたミネラルの多く含んだ健康な作物を作るには土壌を健康にすることが必要であると考えております。
このようなことから「健康は食から」との思いで化学肥料や農薬を一切使わず、自然界にある有機物質や有機肥料を使って有機栽培農産物をひたすら作っています。

草が生え除草に苦労もありますが、土壌分析を行い施肥設計して必要な肥料を投入することにより、栄養バランスの良いミネラルの多く含まれた美味しい農作物を作り、食べることが出来ます。
喜右衛門はこの有機栽培(オーガニック)農産物を原材料にして、有機味噌、その関連有機加工食品などを造っています。
食品添加物を使わず、遺伝子組み換えでない農作物、微量ミネラルの豊富な塩を使い“からだにいいこだわり”の商品を手づくりで造ることにより皆様の健康にー役を果たせればと思って頑張っています。
喜右衛門 店主 谷口喜文
京都オーガニック食品店喜右衛門の食品は全て有機・無農薬・オーガニックです
有機米、有機もち米、有機こんにゃく、有機ブルーベリー、有機丹波黒大豆、有機白大豆、有機梅を栽培しています。
京都の有機米 喜右衛門のオーガニックライス
自家栽培の有機米
米づくりは秋のワラ処理から始まり、健康な根を作ることが大事です。稲刈り後田んぼには多くのワラやイナ株が残っていますが、これら有機物を春までにいかにして分解できるかが稲の有機栽培を成功させる大切なポイントであると考えています。そのため土壌分析をして必要十分な量のミネラル肥料やミネラルの多く含んだ還元塩、さらにバチルス菌や乳酸菌を投入することによって、春の田植えに備えます。
無農薬有機栽培するうえで除草には大変で苦労しますがいまは機械で除草しています。
有機塩
塩田から採れた塩
現代までに発見されているミネラルは118種に及びますが、化学的に処理されたり、加熱処理することによってミネラルが減少するといわれ、また体内で摂取した際に塩化ナトリウムが分離することなく体内に蓄積され悪影響を及ぼすといわれています。
その点加熱処理することなく、塩田で太陽と風の力で結晶した天日塩はミネラルが多く、体内に摂取しても塩化ナトリウムは分離して働き不要となった物は汗や尿として体外に俳出されると考えられます。
この海から作られた大切な贈り物の塩を使っています。
京都の有機丹波黒豆京都有機白大豆京都有機ブルーベリー
京都の山里で育てた有機食材

有機砂糖
材料は全て有機にこだわり
「健康は食から」との思いから食材は全て有機農産物を使っています。化学的に合成されたり、化学的に処理されたものは使っていません。
砂糖はブラジル産の有機砂糖でサトウキビから出来た砂糖を使い、塩は熱処理されていない塩田で海水を自然乾燥させて結晶した天日塩を使っています。人間を含む生物は全てミネラルを作ることができません、そのミネラルを摂るためにも海から作られたミネラルの含んだ塩は必要です。“海は命の母である”

ページの先頭へ